top of page

マルチシートを被覆(ひふく)しました!

JAながさき県央みかん部会です。

今回のブログ記事の情報提供は、部会員の藤原洋和さんです。


藤原さんのみかん園にマルチシートを被覆した様子をお届け致します。ちなみに被覆とは、ひふく物の表面におおいかぶせることを意味します。


 

マルチシートを被覆するのは何故なのか?

 

消費者の方は、おそらく知らない方が多いかと思いますので、マルチシートを被覆する理由を説明致しますね。


まず結論から申し上げますと、「みかんの糖度を上げるための栽培方法のひとつで、(シートマルチ栽培)」と呼ばれています。


白いシート状のもので地表面を覆い、日光の反射や土壌水分を調整することで、より高品質のミカンに育てることができるんです。


水分吸収を抑えてストレスを与えると、みかんの木の生命パワーは強まります。そのため、糖の中でもより甘さを感じる果糖が増え、味が濃くてうまいみかんができるという訳なんです。


皆さん、このような栽培など、消費者の方へ美味しい「みかん」を届けられるよう、日々、頑張っています♪


ではマルチシート栽培のメリットや実践方法などをまとめてみます。どうぞ最後までご一読ください。^^


ではますマルチシートを被覆している様子の動画をご覧ください。





マルチシートの被覆が完了しました。


マルチシートの被覆が完了した様子
マルチシートの被覆が完了しました。

 

マルチシート栽培の概要

 

1. マルチシートとは?


マルチシートは、植物の根元を覆うために使用されるシートのことです。このシートは、土壌の温度や湿度を調節し、雑草の抑制、病害虫の防除、そして果実の品質向上に役立ちます。



2. マルチシート栽培の目的

みかんの糖度を上げるために、マルチシートを使用することで以下の効果が期待できます。


  • 雑草抑制:雑草の生育を抑え、農作業の手間を減らします。

  • 果実品質向上:適切な水分と温度管理により、果実の糖度や酸度を調整し、品質を向上させます。

  • 水分ストレス:水分を絶つ事により木にストレスがかかり、ミカンの糖度が増します。



3.マルチシートの設置方法


  • シートの選定:黒色のプラスチックマルチが一般的よく使われているようですが、反射率の高い白色マルチを使用しています。


  • 土壌準備:シートを敷く前に、土壌を整地し、適切な肥料を施します。


  • シート敷設:みかんの木の根元を中心にマルチシートを敷き、しっかりと固定します。


  • メンテナンス:シートが破れたり、移動したりしないように定期的にチェックします。また、シート下の土壌の状態も確認し、適宜水分を補給したりします。


 

以上がマルチシートの概要になります。収穫時期に果実の糖度を測定しますが、マルチシートの効果を実感しますし、収量や品質にも良好な結果をもたらしています。



いかがでしたでしょうか?このように私たち部会員も毎年、創意工夫を勉強したり、講習を受けたり、現地へ視察に赴いたりと、勉強してます。さあ、実り多い、みかんの収穫まで「明るく」「笑顔で」「元気」に頑張ります。


 

マルチシート栽培

JAながさき県央みかん部会

マルチシートを被覆




Comentarios


bottom of page